薬剤師の大病院から転職したという体験談について

そろそろ新しい分野で働いてみたい

そろそろ新しい分野で働いてみたい / 在宅医療へも今後どんどん参入をしていく方針 / 在宅での服薬管理などを行っている実情がある

今まで新規採用から大病院で院内薬剤師として働いてきましたが、そろそろ新しい分野で働いてみたいと思い、転職を決意したことがあります。
確かに大病院ならではの色々な患者さんと接し、またその症状に対する適した処方を深く学べることもあって、大いに勉強になったことは事実です。
ただ夜勤なども含めて不規則な勤務と1人1人の患者さんに対して、それほど深く接することが出来ないこともありました。
院内処方では分からない部分についてより深く勉強をしたいという思いも強くなる一方でした。
出来る限り広く学びたいという思いと、不規則勤務から生じるかもしれないというミスへの可能性も捨てきれず、在宅医療などの思いなどもあって違った形態での勤務を考えた次第です。
特に院内処方ではなかなか巡り会わない介護保険適用の患者さんに対して、適切に対応が出来るかどうか疑問に感じる場面もありました。
こうしたことから、院外薬局いわゆる門前薬局や介護保険に積極的に対応しているところを希望していました。
かつて学んだ薬学部でも介護保険制度は多少は学んだ覚えがあります。
ただし、あれから年月が経過しうろ覚えになっていることは否めません。