薬剤師の大病院から転職したという体験談について

在宅医療へも今後どんどん参入をしていく方針

介護保険制度を机上で勉強することも大事だとは思いますが、実際の実務にて学べる場があればそれに越したことはないという思いも生じていたものです。
薬剤師が働ける介護保険というと居宅療養管理指導の指定を受けた薬局ですが、ただ指定は受けているものの実際には稼働していないところが多数あるとも聞いています。
稼働していないところに転職をしてみても、今後その薬局が在宅医療に舵を切るかどうかは分かりません。
それでは折角のチャンスをふいにするかもしれず、出来る限り在宅医療の対応をしているところを探すようにしました。
こうした情報は薬剤師の間でやり取りをしている情報網が役立ちます。
学生時代からの知り合いの中から近隣で活動をしていて詳しい人に事情を教えてもらいました。
幸い、この地域はほどよい地方の都市で、移動に自動車は欠かせないものの運転免許があれば行動はしやすくしかも交通に便利な土地柄です。
介護保険の居宅療養管理指導に当たっては自動車での移動が欠かせないとも聞いて、これらを踏まえた行動を心掛けました。
転職先としての候補はいくつかありましたが、この地域で広く活動をしている地域密着型のドラッグストアに決まりました。
在宅医療へも今後どんどん参入をしていく方針と聞いて、処方箋を受け付けながらさらに手の空いたときに在宅医療を手掛ける方針とのことです

そろそろ新しい分野で働いてみたい / 在宅医療へも今後どんどん参入をしていく方針 / 在宅での服薬管理などを行っている実情がある